スロットの稼働を上げる為のネカフェ生活のススメ

こんにちは

最近の低稼働っぷりがよくないと考えたのでいくつか検討している対策について書いていきます。

大宮・さいたま新都心エリアで打ってるんですけど、まずこのエリアは家から遠すぎる。わざわざホールにいっても、土日祝日はほぼ満席で台選びもできやしない。このため、現在土日祝日はほぼホールに行かなくなった。

土日祝日に稼働しやすいホールを探すということも考える必要があると思う。

次に、マイホの休憩スペースは充実していないため打てる台がないとき帰宅しがちになる。リフレッシュできる空間をホール近辺に探す必要があると感じた。

スポンサーリンク

休憩所としての漫画喫茶・ネカフェの有効活用

カスタマカフェ

ホールのすぐ近くに自宅があったり、自由に出入りできるネカフェを借りていたら台チェックする機会も増えるだろうし、休憩してホールに何度も偵察に行きやすくなると考えた。

スロットのために漫画喫茶・ネットカフェに長期宿泊

最近のネットカフェはネットカフェ難民というが言葉あることからわかるように宿泊施設として利用されることを念頭に運営されている。

無料でシャワーも使えるし、ブランケットも貸し出される。店によってはシャンプーなども無料で使えたりするのだ。

最近のネカフェは完全個室でまるでホテルの一室のように作られていて天井もあり完全防音などプライベートな空間としての完成度がかなり充実している。5年ほどネカフェに行ったことがなかった俺は本当に驚いた。ラブホテルのように利用する人たちもいるレベルで個室化がすすんでいる。

ネカフェの立地は大抵、ホールに近接している。ホールと同じ建物内でエレベーターで直結でいけるネカフェまである。

いっそ、ネカフェに泊まって生活したとしたらどうだろうか?

閉店チェックも楽勝だろうし、ハイエナ台などいつでも見つけられるだろう。

一泊の予算は2500円くらいまで抑えられることから、ハイエナ台を一日1.5台ほどネカフェ代金としていつもより多く打てればネカフェ料金は簡単に回収できるだろう。

24時間、ホールを監視できるメリットを考えればハイエナ台をいつもより2台多く打つことなど造作もないと思う。

ちなみに、大宮でいうとカスタマカフェが完全個室・完全防音の漫画喫茶としておすすめである。フリーパスシステムで7日間20,000円・14日間39,000円・一カ月76,000円で宿泊できるのだ。

カスタマカフェは俺も一度利用したが、サービスも行き届いていて完全個室・防音完備であそこに住んでもいいと本当に思った。カスタマカフェ大宮店はなんといってもマルハンと同じビルにあり、エレベーターで地下一階のマルハンスロットホールへ直通でつながっている点がすばらしい。

マルハンは楽園新館ほど混雑していないためハイエナ台はなかなか見つけにくいかもしれないが、絶えず監視していればそれなりに打てるラインの台は見つけられる。

マルハン→楽園新館→楽園本館という流れでハイエナチェックをしていけば、稼働率はそれなりに高めることができると考える。

自分の場合はブログアフィリエイトとの両立を考えているため、ネカフェで稼働してないときにブログ記事を書いて息抜きにホール監視というスタイルを確立するのもいいと考えた。

朝一から、宵越し狙いをして、昼食をとり台を物色しつつなければネカフェでアフィリエイト作業、そのまま夜ジャグへ移行するという理想的なスロット生活が可能であるように考えられる。

ただ、このプランは主夫としての役割もこなさないといけない自分には到底許されないためボツとなっている。

もし、読者の中でスロッター専業で身軽な立場な人なら大宮のネカフェに泊まり込みこの生活を試してみてはどうだろうか。地方にいてホールに恵まれていない人なんかは大宮のネカフェに泊まり込み遠征してみてもいいと思う。

泊まりこまなくても、休憩所として一時間ネカフェで休むなどして稼働率を上げるだけでも収支は劇的に改善するとも思う。当面は、すぐ帰宅しないでネカフェでリフレッシュすることで稼働率を上げることを考えようと思っている。



にほんブログ村 スロットブログへ
ランキング応援よろしく!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする